当クラブ紹介

2017-2018年 当期会長 関谷 利裕 ご挨拶

sekitani クラブ設立25周年という記念すべき年度に会長を拝命することになり,身の引き締まる思いです。少しでもクラブの発展に貢献できれば(模範的な会員ではなかったことへの贖罪もできれば)幸いです。
 会長就任予定者向けの冊子には会長の仕事として多くの事項が掲載されていますが,こと当会の本年度につきましては,25周年行事を成功させることが最大の責務であると考えています。
記念行事,記念式典,記念祝賀会等,イベントが目白押しで,会員の皆様に多大なご負担をおかけすることが予測されますが,歴代会長が残された業績を汚すことのないよう努力いたしますので,ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 R I ライズリー会長は2 0 1 7 – 1 8年度の目標・テーマとして「ロータリー:変化をもたらす」(「ROTARY:MAKING A DIFFERENCE」)を掲げられましたが,これは「奉仕を通じて,世界,地域社会,助けを必要とする人びとの人生に『変化をもたらす』ことを目標に活動しましょう」という意味であろうと解釈しています。骨髄バンクへの応援を中心に据えた25周年行事はまさにこのテーマを実現するものではないかと思います。
また,2670地区柳澤光秋ガバナーは, 「クラブの特性を生かそう」を本年度のテーマとされておられますが, 「機動力の良さ」という我がクラブの特性を生かして予定行事を遂行できれば,このテーマにもお応えできるのではないでしょうか。

 次に,平素のクラブ運営方針について申し述べます。
 当クラブの抱える最大の問題は,出席率の長期低迷です。残念ながら,これについての特効薬は見つかっていません。おそらく今までも言われ続けてきた通り,出席の動機づけとなる魅力的なプログラムを用意して少しずつ率を向上させるよう努力するしかないのでしょう。道は遠いですが,これは退会防止にも繋がると思いますので今年度は特にプログラム委員会と連絡を密にして例会行事の充実に勤めて参ります。
なお,2016年の国際ロータリー規定審議会においては,各クラブで定款変更を行えば,必要に応じて例会を変更または中止すること,月2回まで例会頻度を減らすこと,オンラインでの例会を行うこと等が認められたとのことです。多くのクラブが出席率に悩んでいることへの対応策だと考えられますが,週1回という習慣が崩れることによって,長期的に見れば逆に欠席者が増加する可能性も否定できないと思われるので,会員の皆様から要望があれば格別,現時点においては積極的に定款変更を行うことは予定しておりません。

 その他の活動についても,前年度の方向性から特に変更の予定はありません。
 クラブ奉仕につきましては上述したプログラムや親睦活動の充実,会員増強(入会候補者の情報提供をよろしくお願いします)を目指します。
 対外的な奉仕活動については,25周年記念事業を成功させることにより実現を図りましょう。
 当クラブは1994年に創立されましたが,その後は「失われた20年」ともいわれる日本経済低迷の時代でもありました。厳しい時代を乗り越えてきたクラブの底力を示そうではありませんか。重ねて会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。

クラブ概況

クラブ・バナー

クラブ・バナー


クラブ概況報告

クラブ概況報告

活動計画(2017~2018年度プログラム)

活動計画(2017~2018年度プログラム)

委員会

理事及び役員・委員会組織

理事及び役員・委員会組織


会計

会計


クラブ奉仕

クラブ奉仕


職業分類会員選考委員会

職業分類会員選考委員会


会員増強退会防止委員会

会員増強退会防止委員会


ロータリー情報雑誌委員会

ロータリー情報雑誌委員会


親睦活動委員会

親睦活動委員会


出席委員会

出席委員会


プログラム委員会

プログラム委員会


広報IT委員会

広報IT委員会


職業奉仕

職業奉仕


社会奉仕

社会奉仕


青少年奉仕委員会

青少年奉仕委員会


国際奉仕

国際奉仕


ロータリー財団委員会

ロータリー財団委員会


米山奨学委員会

米山奨学委員会


S.A.A.

S.A.A.


※2017~2018年度活動計画書より抜粋

Copyright(c) 2003-2017 Takamatsu Green Rotary Club All rights reserved.
例会場案内 例会日案内 公式facebook
会員専用ページ